トップページ  > 知的財産・特許

知的財産・特許

 

トピックス

アオヤジhtml  アカヤジpdf
 

知的財産による地域経済の活性化

 知的財産とは、「価値のある情報」のことです。新たに生み出された技術やアイデア、ユニークなデザイン、蓄積された技術上又は営業上の情報やノウハウは、それ自体で価値のある情報です。ロゴマークや商品の名前なども、長年の使用によって信用やブランドイメージといった価値を生み出します。
 また、知的財産とは、「人々のひらめきと努力の成果」でもあり、将来にわたって、私たちの社会や生活をより豊かにし、我が国の経済や産業を発展させるものです。
 このような知的財産を、生み出した人の財産権として認め、一定期間保護するための制度が、知的財産権制度です。
「知的財産」イメージイラスト

(クリックすると拡大して表示します。)

 特許室では、知的財産権制度のうち、特許権、実用新案権、意匠権及び商標権に関する施策の展開を実施するとともに、東北地域における知的財産への意識の向上、東北の地域性を踏まえた知的財産の創造・保護・活用による地域経済の活性化、発展に向けた取り組みを行っています。