トップページ  > 知的財産・特許  > 山形県内における知財金融促進に向けての連携強化について

山形県内における知財金融促進に向けての連携強化について

東北経済産業局

株式会社荘内銀行、山形県知財総合支援窓口及び当局は、山形県内の中小企業等の知的財産活用促進及び知財金融の促進を図るために平成28年度より連携を強化することとなりましたのでお知らせします。

連携に際して連携協定書の調印式を3月22日に執り行いました。

今後、当局は必要に応じて東北管内の金融機関と知財金融促進に向けての連携を強化して参ります。

1.背景

東北管内の知的財産活用を推進している東北地域知財戦略本部では、現在、第3期東北地域知財推進計画(別紙1参照)で「支援機関との連携促進」を一つの基本方針としております。

知的財産戦略本部(本部長:安倍総理)において平成27年6月に決定された知的財産推進計画2015(別紙2参照)にて金融機関への知財制度及び知財に対する資産価値評価の普及促進が謳われており、当局においても知的財産の資産価値評価に基づく融資等の活用に向けた金融機関との連携促進に向けての取り組みを行っております。

また、株式会社荘内銀行は、東北の地方銀行では初めて知財ビジネス評価書作成支援制度(別紙3参照)を活用した、山形県内の知的財産を活用した地域企業の取組の評価の実施しております(別紙4参照)。

2.連携機関

株式会社荘内銀行
(本店:山形県鶴岡市本町1−9−7)
山形県知財総合支援窓口(一般社団法人山形県発明協会)(別紙5参照)
(山形県山形市松栄二丁目2番1号山形県高度技術研究開発センター内)
東北経済産業局
(宮城県仙台市青葉区本町3−3−1 仙台合同庁舎(B棟))

3.連携内容

(1)株式会社荘内銀行
  • 山形県内における知財に対する資産価値評価の普及・活用促進
  • 行内職員に対して知財制度及び知財金融に関する研修の実施
(2)山形県知財総合支援窓口(一般社団法人山形県発明協会)
  • 荘内銀行と連携した山形県内知財活用中小企業への支援強化
  • 荘内銀行への山形県内における知財活用状況等の情報提供
(3)東北経済産業局
  • 荘内銀行職員に対して知財制度及び知財金融に関する研修の実施に関する支援(講師派遣、資料提供等)
  • 山形県内知財活用中小企業への知財ビジネス評価書作成支援制度の活用支援

4.参考資料


このページに関するお問い合わせ先
東北経済産業局 地域経済部 産業技術課 特許室
TEL:022-221-4819(直通)
FAX:022-265-2349