ホーム  > 支援情報  > 地域ブランド創成  > TOHOKU地域ブランド  > 【秋田】大館曲げわっぱ

【秋田】大館曲げわっぱ (おおだてまげわっぱ)

【秋田】大館曲げわっぱ

出願情報

商標登録

第5591586号

商標

大館曲げわっぱ

権利者

大館曲げわっぱ協同組合
(秋田県大館市字馬喰町17番地)

出願日/登録日

2012年7月17日 / 2013年6月21日

商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務

【第21類】

秋田県大館市に由来する製法により秋田県大館市で曲げ加工を施した重箱,
秋田県大館市に由来する製法により秋田県大館市で曲げ加工を施したべんとう箱,
秋田県大館市に由来する製法により秋田県大館市で曲げ加工を施した茶筒,
秋田県大館市に由来する製法により秋田県大館市で曲げ加工を施した菓子器,
秋田県大館市に由来する製法により秋田県大館市で曲げ加工を施した盆,
秋田県大館市に由来する製法により秋田県大館市で曲げ加工を施したおひつ,
秋田県大館市に由来する製法により秋田県大館市で曲げ加工を施した酒器,
秋田県大館市に由来する製法により秋田県大館市で曲げ加工を施した花器

連絡先・関連HP

電話:0186-49-5221
関連ホームページ(大館曲げわっぱ協同組合)

商品・サービスの特徴

  秋田音頭にも名物として謡われる『大館曲げわっぱ』は、17世紀後半に大館城主佐竹西家が、 下級武士の副業として奨励し発展しました。 弾力性に富み美しい木目を特徴とする天然秋田杉を薄く剥いで、熱湯につけて柔らかくして曲げ 加工を施し、山桜の皮で縫い止めをして完成します。 明るく優美な木肌と整った木目、その優しくシンプルな自然の素材は現代感覚にもマッチし、 優秀さは海外にまで知れ渡っています。 昭和55年には、国の伝統的工芸品として指定を受けています。

(出典:《特許庁ホームページ》地域団体商標登録案件紹介)