ホーム  > 支援情報  > 地域ブランド創成  > TOHOKU地域ブランド  > 【岩手】南部鉄器

【岩手】南部鉄器 (なんぶてっき)

【岩手】南部鉄器

出願情報

商標登録

第5102662号

商標

南部鉄器

権利者

岩手県南部鉄器協同組合連合会
(岩手県盛岡市繋字尾入野64の102)

出願日/登録日

2006年12月27日 / 2008年1月11日

商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務

【第21類】岩手県盛岡市及び奥州市で生産された鉄製のなべ類・鉄瓶・花瓶・風鈴・香炉など

連絡先・関連HP

関連ホームページ(南部鉄器協同組合)
関連ホームページ(水沢鋳物工業協同組合)

商品・サービスの特徴

 17世紀中頃南部藩の盛岡で京都から釜師を招いて茶の湯釜をつくらせたのが始まりです。旧伊達藩の奥州市水沢区では平安時代末期から日用品鋳物の生産が盛んです。 今日では焼型、乾燥型の鋳型作り、紋様押し、肌打ち、漆仕上げ等の伝統的技法により生産されています。「質実剛健・丈夫で長持ち」これが南部鉄器のイメージですが、 描かれた様々な絵柄紋様は作り人の心の機微や温もりを肌で感じさせてくれます。

(出典:《特許庁ホームページ》地域団体商標登録案件紹介)