ホーム  > 支援情報  > 地域ブランド創成  > TOHOKU地域ブランド  > 【宮城】仙台いちご

【宮城】仙台いちご (せんだいいちご)

【宮城】仙台いちご

出願情報

商標登録

第5483902号

商標

仙台いちご

権利者

全国農業協同組合連合会
(東京都千代田区大手町1丁目3番1号)

出願日/登録日

2011年3月24日 / 2012年4月6日

商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務

【第31類】宮城県産のいちご

連絡先・関連HP

連 絡 先 :全農宮城県本部
電話:0227-82-3350
関連ホームページ(全国農業協同組合連合会 宮城県本部)

商品・サービスの特徴

  「仙台いちご」の現在の主品種は、「もういっこ」と「とちおとめ」で、「もういっこ」は宮城県で育成された品種で、 大玉でさわやかな甘さが特徴です。
  生産量は4,357t(平成22年産)、地元仙台市場をはじめとする県内市場や北海道市場を中心に出荷しています。
  東日本大震災による津波被害では、主産地亘理郡の95%が被害を受け、多くの農地とハウス施設が壊滅しましたが、 「クリスマスまでに「仙台いちご」を出荷しよう。」を合言葉に復旧に向けた取組みを行い、多くのボランティア、他県・行政 等からの支援もあり、平成24年産は震災前の約2割の面積で生産が再スタートしています。

(出典:《特許庁ホームページ》地域団体商標登録案件紹介)