ホーム  > 支援情報  > 審査請求料等返還制度

審査請求料等返還制度

審査請求料等返還制度のイメージ図  出願を取り下げ・放棄した場合に審査請求料が半額返還されます!

審査請求料の返還制度

 審査請求後、権利化の必要性が低下したり、特許性がないことが判明した特許出願について、 審査着手前に特許出願を取下げ又は放棄した場合には、出願の取り下げ又は放棄した日から6月以内に返還請求をすると、 納付した審査請求料の2分の1(半額)が返還される制度を利用できます。
 なお、料金返還の際には予納制度を利用した返還も可能です。

【返還請求が可能となる要件】
 以下のいずれかの通知等が到達する前であること(特許審査官による審査着手がなされていないこと)が必要です。
【ご注意】

 審査開始前に出願を取り下げまたは放棄しないと、審査請求料の返還はされません。
 順次、審査を開始しておりますので、審査請求済みの特許出願について権利化の必要性を再検討し、お早めに手続きして頂くことをおすすめ致します。

審査請求料返還制度について(特許庁)

国際調査手数料の一部返還制度

 日本国特許庁で行われた特許出願の審査やPCT出願の国際調査の結果が、その後、 同じ発明について日本国特許庁に対してPCT出願をした際の国際調査に利用できた場合には、 返還請求をすると、PCT出願における国際調査手数料の一部が返還される制度を利用できます。

国際調査手数料の一部返還について(特許庁)

この支援情報に関するお問い合わせ

「お問い合わせ」ページへ

その他の支援情報