トップページ  > 統計情報  > 電力需給実績  > 東北管内電力需給実績【平成26年8月分】

東北管内電力需給実績【平成26年8月分】
(新潟県を含む東北7県の実績)

2014.10.08 東北経済産業局

1.管内の総需要電力量について

  • 総需要電力量は、72億48百万kWh(前年同月比100.7%)となり、2ヶ月ぶりに前年実績を上回った。
  • 東北電力鰍フ販売電力量をみると、64億22百万kWh(前年同月比101.9%)となっており、東日本大震災からの復興の動きが続いていることに加え、前年と比較して検針期間が長かったことなどから、4ヶ月ぶりに前年実績を上回った。このうち特定規模需要(契約電力50kW以上の自由化対象需要)は、42億66百万kWh(前年同月比100.5%)、特定規模需要以外の電灯・電力計では、21億56百万kWh(前年同月比104.8%)となった。
  • 自家発自家消費等(原則500kW以上の自家用発電所を所有する事業所の自家消費電力量及び特定供給電力量を含む)は、6億95万kWh(前年同月比94.0%)と3ヶ月連続で前年実績を下回った。
  • 産業用の需要動向(東北電力鰍フ大口電力と自家発自家消費等の合計値として再掲載)をみると、非鉄金属、窯業・土石等において前年実績を上回ったが、鉄鋼業、化学工業等において前年実績を下回ったため、全体で27億91百万kWh(前年同月比98.2%)となった。

2.管内の総供給電力量について

  • 総供給電力量は、116億万kWh(前年同月比97.9%)となった。
  • 東北電力鰍フ発受電電力量をみると、原子力発電では、定期検査により女川原子力発電所の全号機と東通原子力発電所1号機が運転を停止していることから当月の発電電力量は無かった。水力発電では、出水率113.0%と豊水となったことや、新潟・福島豪雨により停止していた発電所の運転再開などにより、7億1百万kWh(前年同月比112.2%)と前年実績を上回った。一方、火力発電では、需要の減少などにより48億22百万kWh(前年同月比96.0%)と前年実績を下回った。また、新エネルギー等(地熱発電、太陽光発電)では、地熱発電所の蒸気量の増加などから81百万kWh(前年同月比101.6%)と前年実績を上回った。
  • 東北電力活ネ外の電気事業者の管内における送電電力量等は、37億41百万kWh(前年同月比99.6%)となった。
  • 特定規模電気事業者(特定規模需要に応じて電気を供給する事業者)の管内における発受電電力量は、1億31百万kWh(前年同月比85.6%)となった。
 
このページに関するお問い合わせ・申込み先
東北経済産業局 資源エネルギ−環境部 電力・ガス事業課
TEL:022-221-4817(直通)
FAX:022-213-0757