100%シルク、二次加工なしでストレッチ性を付与できる薬品が不要なストレッチシルク開発

会社紹介

 永山産業株式会社は、1968年創業の繊維製品製造業で、生地を縫製する繊維製品加工業を行っている。蓄積した生産力と技術力により、紳士シャツから婦人ブラウス・ワンピース・ジャケット・コートまでの生産が可能な企業である。紳士服・婦人服それぞれのアイディアを相互に活かし、総合的な取り組みでものづくりを豊かにしている。

 東日本大震災を機に縫製品工業組合(解散)、福島県絹織物組合、福島県ニット組合に横串を刺した福島県ファッション協同組合を設立。「フクシマ・プライド・オブ・シルク」のブランドを立ち上げる。サポイン事業では、加工する段階でストレッチが効き、二次加工なしでストレッチ性を付与できる、薬品が不要なストレッチシルクを開発した。

会社外観 会社外観
フクシマ・プライド・オブ・シルク試作品 フクシマ・プライド・オブ・シルク試作品

研究開発(サポイン事業)での開発

工場内作業風景 工場内作業風景

 福島県ハイテクプラザ・参加企業・縫製工場が ともに試行錯誤を重ね新しい製品開発に取り組んだ 。安価な製品を大量生産するのではなく福島の名産であるシルクを使って地元ならではの付加価値がある製品づくりを目指した。
 また、先を見据え、自分たちの独自製品を販売。国内だけでなく海外に発信することを目指し開発を進めた。

ストレッチシルクについて

ストレッチシルクを用いた試作品 ストレッチシルクを用いた試作品

 従来のストレッチ・シルク製品はシルク100%ではなく、防シワ・ストレッチ性付与のために、化学的加工を行っているため、環境及び人体への影響が懸念される。本研究は糸加工する段階でストレッチ性を付与し、100%シルクで二次加工なしでストレッチ性を付与できる、薬品を用いないストレッチシルクを開発した。
 薬品を不要とするため環境・人体に優しいストレッチ・シルク織物となっている。普段使いもできる自社の製品として国内外に販路を拡大していく。

今後の展開

 地元産のシルクはシンプルで安全な天然素材である。これを活用し可能性を広げながら衣料品はもちろんのこと、衣料品以外での活用シーンを模索し新しい製品を届けていく。また、国内外への販路拡大も図っている。

ストレッチシルクのファーを用いた試作品 ストレッチシルクのファーを用いた試作品

 


▲マッチング事例の一覧へ戻る
  • 経済産業省
  • 中小企業庁
  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構
  • eEXPO