プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 位置決め技術の高度化による大量自動供給高速画像処理装置の開発
対象となる川下分野
川下企業における
ニーズの対応
大量自動供給高速画像処理装置の開発
上記ニーズに対する
具体的な数値
事業化状況 OEM提携先と販売に関する内容を協議し、販売PR活動における地固めを行った。主要販売各国の安全規格等の諸問題を解決し、現地代理店との販売PR活動、商流についての基本的フローの構築を行っていく
対象としている素材
採択年度 平成21年

プロジェクトの詳細

プロジェクトに至った背景・経緯

バーチャルスライド作成装置について、大手企業では、いち早く参入に名乗りを上げたのがGE Healthcare(ジーイー・ヘルスケア)である。
同社は2009年6月のプレスリリースにおいて、このバーチャルスライド作成装置(Didital Pathology)の分野は、この数年内に年間20億ドル市場になると予想するなど、この分野の急速な市場拡大が明白となっている。
 バーチャルスライドの需要(医療現場ニーズ)は地域で異なっている。日本では病理医不足の
ため、遠隔診断需要が潜在的に多く、一方、北米ではPACS(パックス:医療画像の保存通信
システム・データベース)と連携した運用や、デジタル画像を用いた画像解析による診断支援ニ
ーズが高い。最近、日本国内でも電子カルテとのリンクやPACSとの連携がにわかに脚光を浴
びており、今後、日本国内の需要も北米のニーズに近づいていくのも時間の問題と見込まれてい
る。

研究開発のポイント

① 低振動・高速化を実現するバーチャルスライドダンパー撮影機構開発
② 高速化を実現する大量プレパラートストック・搬送機構開発
③ 低振動・高速化を実現する小型軽量の電磁式プレパラート保持機構開発
④ 高速・高精度化を実現するマルチ撮影機構制御アルゴリズム開発

研究開発の具体的な成果

高速・高精度位置決め技術を確立して大量・自動供給高速画像処理装置を開発するため、参画機関が連携して次の開発項目について研究開発を進め、実用化検証に必要となるプロトタイプ機(第1次試作機)を試作した。
このプロトタイプ機は、実用化開発にお
いて、本開発の主要テーマとしている振動
制御、高速位置決め、プレパラート搬送機構などの開発課題等に係る動作検証を行うための位置づけで取組みし、試作機を用いた振動評価、動作検証等により、大量・自動供給・高速画像処理システムの基本的な設計指針を確立した。
今後(H22年度~)新たな研究課題として「広域撮影・フォーカス合成技術による高速撮影システム開発」に取り組みすることとしており、こうした取組みにより最終目標としている1000枚/24H達成を目指すこととしている。

利用イメージ、今後の活用が見込める分野・製品等

血液まで鮮明に映し出す「高倍率」「高精度」「高解像度」を活かして血液の市場を目指す。

国内よりもマーケットの大きい海外の市場に挑戦する。

eExpo

J-GoodTech

好事例のご紹介

詳細ページはこちら

事業化への取り組み

知財・広報活動
今後の見通し 1.自社製品の国内市場拡大
現在は、がんの診断に特化して商品開発を行っているが、血液まで見ることができる自社の商品力を活かして、がんの市場よりも大きい、血液の市場に挑戦する。

2.医師の見逃しを防ぐ商品の技術力向上
がんの診断をより正確に行うサポートをしていくために、見逃しを減らす商品の工夫が重要になる。そのために今以上に技術力を高めていく。

3.自社商品の海外市場進出
今までは、国内にターゲットを絞って活動してきたが、この業界は、海外のほうが圧倒的に多くのニーズがあり急速に拡大を続けている。今後は、アメリカ、ヨーロッパ、東南アジアの市場を視野に入れて活動する。
当初の目標を踏まえた上での達成度や新たな課題 ①さらなる高速化のためのハードウェア機構の開発
②さらなる高速化のためのソフトウェアアルゴリズムの開発
→来年度以降の継続テーマ
③ハードウェアの小型軽量化
④光学的解像度を維持したままでの広視野撮影
→来年度以降の新規テーマ

研究開発の体制

事業管理機関 公益財団法人21あおもり産業総合支援センター
法認定事業者 株式会社クラーロ
研究実施機関 株式会社クラーロ
株式会社弘前機械開発
株式会社テクニカル
有限会社UNO
財団法人21あおもり産業総合支援センター

PRコメント

事業の参考となる資料

企業情報

社名 株式会社クラーロ
所在地 青森県弘前市土手町212-1 2F
電話番号 0172-35-8649
業種
事業内容 1.医療・福祉機器の研究開発及び製造販売
2.バイオサイエンスの研究開発及びその応用による
医薬品・食品・電子機器等の製造販売並びに研究技術の販売
3.コンピュータシステムの研究開発及び販売
4.情報通信システムによる情報の収集処理及び情報提供並びに販売
5.情報処理システムの企画設計及びコンサルタント業務
6.翻訳、通訳業務
7.人材派遣、有料職業紹介事業
8.前各号に付帯する一切の業務
URL http://www.claro-inc.jp/
本プロジェクトに関する問い合わせ先部署名・担当者名 代表取締役 高松 輝賢 0172-35-8649

  • 経済産業省
  • 中小企業庁
  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構
  • eEXPO