トップページ  > 地方創生 > 「地方創生☆政策立案アイデアコンテスト2016」地方予選通過者が公表されました〜東北からは6組が選出!〜

「地方創生☆政策立案アイデアコンテスト2016」地方予選通過者が公表されました〜東北からは6組が選出!〜

東北経済産業局

RESASを活用した政策アイデアを募集する「地方創生☆政策アイデアコンテスト2016」において、全国から応募のあった699組のうち、地方予選を通過した計49組(高校生以下の部24組、大学生以上一般の部25組)が公表されました。このうち、東北からは6組の個人・チームが選出されました。

1.「地方創生☆政策アイデアコンテスト2016」東北地方予選通過者

□高校生以下の部
  • 「VRで地元をPR!」
    所属:福島県立ふたば未来学園高等学校(個人)
    分析対象自治体:福島県楢葉町
  • 「兼業農家を支援するための新たなシステムの創設」
    所属:山形県立村山産業高等学校(チーム)
    分析対象自治体:山形県
  • 「高校生だからこそできる食で人の繋がりを生むプロジェクト」
    所属:福島県立ふたば未来学園高等学校(個人)
    分析対象自治体:福島県広野町・楢葉町・葛尾村・飯舘村・川内村・浪江町・富岡町・大熊町・双葉町
□大学生以上一般の部
  • 「会津地域への観光誘客に向けた政策提案」
    所属:自治体(個人)
    分析対象自治体:福島県会津若松市
  • 「浪江に花を咲かせましょう!〜「ファンを増やす情報発信力」で少子高齢化に挑む〜」
    所属:福島大学(個人)
    分析対象自治体:福島県浪江町
  • 「漁業衰退の危機を救うためのアイデアin気仙沼」
    所属:仙台高等専門学校(個人)
    分析対象自治体:宮城県気仙沼市
※東北以外の通過者につきましては、下記コンテストサイトをご覧ください。

2.今後の審査プロセス(予定)

地方予選通過49組の政策アイデアの中から、全国第一次審査(書類審査)を経て、最終審査会に進出する10組(各部門5組)が選出されます。
平成29年1月上旬:全国第一次審査(書類審査)通過10組公表
平成29年1月21日(土曜日):最終審査会&表彰式(プレゼンテーション審査)

3.最終審査会&表彰式の聴講募集

12月下旬以降、コンテストサイト上で、最終審査会&表彰式の聴講募集が開始される予定です。

このページに関するお問い合わせ先
東北経済産業局 総務企画部 企画室
TEL:022-221-4861(直通)
FAX:022-261-7390