トップページ  > 中小企業  > 地域資源活用プログラム  > 福島県で初めて市町村の「ふるさと名物応援宣言」が発表されました〜地域ぐるみの取組を推進します〜

福島県で初めて市町村の「ふるさと名物応援宣言」が発表されました〜地域ぐるみの取組を推進します〜

東北経済産業局

経済産業省は、昨年8 月10 日に施行された改正地域資源法に基づき、市町村による「ふるさと名物応援宣言」を推進しています。今般、福島県白河市において、福島県では初めてとなる応援宣言が発表されましたので、お知らせいたします。

1.「ふるさと名物応援宣言」の概要

「ふるさと名物応援宣言」の概要 地域資源をテコに地方創生を実現するため、地域資源法を改正しました。これにより、市町村が旗振り役となり、地域の実情に通じた様々な関係者と連携しながら、地域を挙げて「ふるさと名物※」を応援し、「地域ブランド」の育成・強化、地域の売上や雇用の増大など、地域経済の好循環につなげるため、市町村に「ふるさと名物応援宣言」を行っていただくことを推進しています。
 ※ふるさと名物とは「地域資源を活用した商品・サービス(群)」を指します。

2.今般、発表された応援宣言の概要

■「白河小峰城と城下町ツーリズム」〜藩主松平定信の歴史と文化・産業(白河そば・日本酒等)を求めて〜【福島県白河市】

【参考】


このページに関するお問い合わせ先
東北経済産業局 産業部 経営支援課 新事業促進室
TEL:022-221-4923(直通)
FAX:022-215-9463