トップページ  > ものづくり/製造産業  > 東北の伝統的工芸品  > 伝統的工芸品として「仙台箪笥」が指定されました

伝統的工芸品として「仙台箪笥」が指定されました

東北経済産業局

本日、経済産業省は、伝統的工芸品産業の振興に関する法律(以下「伝産法」)に定める伝統的工芸品として、宮城県の「仙台箪笥(せんだいたんす)」、東京都等の「江戸鼈甲(えどべっこう)」及び「東京アンチモニー工芸品」の3品目を新たに指定しました。

1.伝統的工芸品の新規指定等について

宮城県の「仙台箪笥」、東京都等の「江戸鼈甲」及び「東京アンチモニー工芸品」の新規指定について、産業構造審議会において審議を行った結果、新規指定することについて了承され、本日、官報告示によって、経済産業大臣指定品目となりました。これにより伝統的工芸品は222品目、東北経済産業局管内では22品目となります。

2.新規指定品目「仙台箪笥」の概要

仙台箪笥は、江戸時代末期以降、仙台藩の地場産業として成長した。木目が浮かび上がる木地(きじ)呂(ろ)塗りに、豪華な金属製の飾り金具が施されていることが特徴。

仙台箪笥
※「江戸鼈甲」及び「東京アンチモニー工芸品」については、経済産業省のホームページをご参照下さい。

3.伝統的工芸品産業の振興に関する法律とは

  1. 伝統的工芸品産業の振興により、国民生活に豊かさと潤いを与えるとともに、伝統的技術・技法の伝承や地域の経済発展・雇用の創出に寄与することを目的とした法律です。同法律に基づいて指定する伝統的工芸品は、同法律に基づく各種振興施策の対象となります。
  2. 指定には5つの要件を満たすことが必要です。
    指定の5要件:
    1. 1)日用品であること
    2. 2)手工業的であること
    3. 3)伝統的な(100年以上)技術・技法であること
    4. 4)伝統的に使用された原材料であること
    5. 5)一定の地域で産地形成がなされていること
参考

このページに関するお問い合わせ先
東北経済産業局 地域経済部 情報・製造産業課
TEL:022-221-4903(直通)
FAX:022-223-2658