福島県 会津塗

福島県 会津塗

産地

福島県 会津若松市、喜多方市、南会津町、西会津町、北塩原村、会津美里町

歴史

 会津の地に本格的に漆工芸が根付いたのは、天正18年(1590年)、豊臣秀吉の命を受けて会津の領主となった蒲生氏郷公が、産業として漆工芸を奨励したことによります。氏郷公は、前の領地であった日野(滋賀県)から木地師や塗師を呼び寄せて、先端技術を伝承させました。
これによって会津塗の技術は、飛躍的な進歩を遂げ、漆の栽培から加飾までを一貫して手がける一大産地となっていったのです。
 400年という時を超えて生き抜いてきた伝統の技の上に、常に最新技術を積極的に取り入れてきた会津漆器は、現在まで成長を続けています。

特徴

 今から500年程前の室町時代、芦名氏が漆樹の植樹を奨励したのが始まりで天正年間(1573〜92年)蒲生氏郷が近江より職人を招き、その技法を会津に広め漆工養成と技術の進歩を図り、一躍産業化された。
 朴、栃、欅等を木地として日用品漆器を生産し消粉・色粉などの蒔絵と沈金に特徴があり日本人好みの縁起の良い意匠や、多彩な加飾法が楽しめ、渋味のある「鉄錆塗」もみ殻をまいて模様を出す「金虫喰塗」木目の美しい「木地呂塗」、美しい塗肌の「花塗」が特徴です。

産地PR・最近の取り組み、課題など

 漆の香りのする街づくりをめざして、公共的な建物にできる限り漆製品を使用し、また、ホテルや料亭などの民間の施設においても積極的に漆製品を使おうという動きが広まっています。
後継者不足ではありますが、伝統工芸技術に根ざした会津塗を、さらに発展させようとする若手工芸家の活動が目立っています。
 そのような中、『BITOWA』は、400年の伝統に裏打ちされた会津塗の確かな技術が、デザイナー・塚本カナエの研ぎ澄まされた感性と出会ったことにより生まれた会津塗の新ブランドです。住まい方への興味が富み、成熟した現代社会を生きる私たちの理想とする上質な暮らしを創出するブランドとして2006年に誕生しました。
これまで『BITOWA classic』、『BITOWA modern』という2つの斬新なシリーズを発表し、『BITOWA』ならではの新しい美の世界を提案してきました。

指定年月日

昭和50年5月10日