福島県 奥会津昭和からむし織の製法や工程について

製造工程

  1. からむし引き
    剥いだ皮を十分に水に浸した後、からむし引き道具(苧引き板、苧ひきご、盤)を使用し、そ皮(表面の青味の部分)をとり、表(そ皮がついていた面)を引き、表裏を返して同じように引く。左手で持っていた根元の方を引く。
    • 皮剥ぎ
      皮剥ぎ1皮剥ぎ2
    • からむし引き
  2. 糸績み
    からむしを乾燥させた後、作りたい糸の太さに合わせて繊維を細く裂き、つないでよりをかける。経糸はよりをきつく、緯糸は少し甘めにかける。
  3. 織り
    地機において経糸は腰板で体に固定されており、現代の綜絖の役割をする掛け糸と右足の操作によって上下させ、緯糸を杼で打ちこむことで布を織る。

技術・技法

  • 原材料のからむしは、「からむし引き」を行うこと。
  • 使用する糸は「手績み」によること。
  • 製織には、地機を用いること。

原材料

福島県大沼郡昭和村に生育するからむし

産地組合の概要

◇組合名 昭和村からむし後継者育成協議会
◇所在地 〒968-0215
福島県大沼郡昭和村大字下中津川字中島611番地
(昭和村からむし振興室内)
◇電話 0241-57-2116
◇FAX  - 
◇ホームページ からむし工芸博物館
福島県大沼郡昭和村大字佐倉上ノ原
電話:0241-58-1680
株式会社奥会津昭和村振興公社
福島県大沼郡昭和村大字下中津川字中島611
電話:0241-57-2204
◇E-MAIL  - 
◇企業数  - 
◇従事者数 36名
◇年間生産額 2,200万円(うち伝産品 400万円)
◇伝統工芸士  - 
◇主な製品 着物、男帯、半幅帯、八寸帯、のれん、敷物等