宮城県 宮城伝統こけしの製法や工程について

製造工程

  1. 原木の乾燥(木の皮をむいて6ケ月〜1年間自然乾燥させる)
  1. 玉切り(寸法に合わせて原木を切る)
  1. 木取り(木の余分な部分を切り取る)
  1. 荒挽き、頭挽き、胴挽き(ろくろを回転させて頭の部分、胴の部分を鉋で削る)
  1. 磨き(サンドペーパー、とくさなどで磨く)
  2. さし込み、はめ込み(胴や頭をたたき込む)
  1. 描彩(顔や胴の絵柄を描く)
  1. 仕上げ(仕上げにロウをひく)

技術・技法



  1. 乾燥は、自然乾燥によること。
  2. 木地造りは、次のいずれかによること。
    1. 鳴子こけしにあっては、次の技術又は技法によること。
       荒挽きは、横ろくろ及びろくろがんなを用いること。
       木地仕上げは、横ろくろ及び仕上げかんなを用いて仕上げ削りをした後、みがき仕上げをすること。
       頭部は、「瓜実型」とすること。
       胴部は、上部に段のついた「内反胴」とすること。
    2. 遠刈田こけしにあっては、次の技術又は技法によること。
       荒挽きは、縦ろくろ及びろくろがんなを用いること。
       木地仕上げは、縦ろくろ及び仕上げかんなを用いて仕上げ削りをした後、みがき仕上げをすること。
       頭部は、「瓜実型」又は「下張型」とすること。
       胴部は、なで肩の直胴とすること。
    3. 弥治郎こけしにあっては、次の技術又は技法によること。
       荒挽きは、縦ろくろ及びろくろがんなを用いること。
       木地仕上げは、縦ろくろ及び仕上げかんなを用いて仕上げ削りをした後、みがき仕上げをすること。
       頭部は、「瓜実型」、「福助型」、「下張型」、「丸型」又は「結髪型」とすること。
       胴部は、なで肩の直胴若しくは中くびれ胴又は上部に段のついた直胴若しくは中くびれ胴とすること。
    4. 作並こけしにあっては、次の技術又は技法によること。
       荒挽きは、縦ろくろ及びろくろがんなを用いること。
       木地仕上げは、縦ろくろ及び仕上げかんなを用いて仕上げ削りをした後、みがき仕上げをすること。
       頭部は、「福助型」、「瓜実型」又は「丸型」とすること。
       胴部は、なで肩の裾締め直胴又は上部に段のついた裾締め直胴若しくは下くびれ胴とすること。
    5. 肘折こけしにあっては、次の技術又は技法によること。
       荒挽きは、ろくろ及びろくろがんなを用いること。
       木地仕上げは、ろくろ及び仕上げかんなを用いて仕上げ削りをした後、みがき仕上げをすること。
       頭部は、「福助型」又は「下張型」とすること。
       胴部は、なで肩の直胴若しくは裾広がり直胴又は上部に段のついた直胴若しくは裾広がり直胴とすること。
  3. 頭部と胴部の組み付けをする場合は、次の技術又は技法によること。
    1. 鳴子こけしにあっては、「はめ込み」によること。
    2. 遠刈田こけし、弥治郎こけし、作並こけし及び肘折こけしにあっては、「さし込み」又は「はめ込み」によること
  4. 描彩は、次のいずれかを手描きすること。
    1. 鳴子こけしにあっては、頭部に「水引き手及び髪」又は「髷」及び「面相描き」を、胴部に「菊」、「楓」、「牡丹」、「あやめ」、「撫子」又は「桔梗」及び「ろくろ模様」を描彩すること。
    2. 遠刈田こけしにあっては、頭部に「放射状の手絡、振れ手絡及び髪」又は「オカッパ」及び「面相描き」を、胴部に「菊」、「梅」、「衿」、「木目」、「いげた」、「あやめ」、「牡丹」、「桜」又は「ろくろ模様」を描彩すること。
    3. 弥治郎こけしにあっては、頭部に「ろくろ模様」、「髪模様」又は「髷模様」及び「面相描き」を、胴部に「ろくろ模様」、「菊」、「枝梅」、「桜」、「衿」、「牡丹」、「蝶」、「松葉」、「裾」、「あやめ」又は「結びひも」を描彩すること。
    4. 作並こけしにあっては、頭部に「水引き状の手絡及び向う結び髪」、「放射状の手絡及び髪」又は「オカッパ」及び「面相描き」を、胴部に「菊」及び「ろくろ模様」又は「牡丹」及び「ろくろ模様」のいずれかを描彩すること。
    5. 肘折こけしにあっては、頭部に「リボン状の手絡及び髪」、「放射状の手絡及び髪」又は「オカッパ」及び「面相描き」を、胴部に「菊」及び「ろくろ模様」を描彩すること。
  5. 仕上げは、ろうみがき仕上げをすること。

原材料

  1. 木地は、ミズキ若しくはイタヤカエデ又はこれらと同等の材質を有する用材とすること。
  2. 描彩は、墨又は染料ですること。
  3. ろうは、モクロウ若しくはハクロウ又はこれらと同等の材質を有するものとすること。

参考

〜東北のこけし11系統〜
  • 津軽系(青森県:温湯温泉、大鰐温泉など)
  • 南部系(岩手県:盛岡市、花巻市、宮古市など)
  • 木地山系(秋田県:大館市、湯沢市など)
  • 遠刈田系(宮城県:遠刈田温泉)
  • 弥治郎系(宮城県:白石市、鎌先温泉、小原温泉など)
  • 作並系(宮城県:仙台市、作並温泉)
  • 鳴子系(宮城県:鳴子温泉)
  • 肘折系(山形県:肘折温泉、宮城県:仙台市)
  • 山形系(山形県:山形市、米沢市、天童市など)
  • 蔵王高湯系(山形県:蔵王温泉)
  • 土湯系(福島県:福島市、飯坂温泉、土湯温泉など)

産地組合の概要

◇組合名 宮城伝統こけし連合会
鳴子木地玩具協同組合
仙台地区伝統こけし工人組合
弥治郎こけし業協同組合
遠刈田伝統こけし木地玩具業協同組合
◇所在地 宮城県大崎市鳴子温泉字尿前74-2 日本こけし館内
◇TEL 宮城伝統こけし組合連合会(鳴子)0229-83-3600
◇FAX 0229-82-2589
◇ホームページ みやぎ蔵王こけし館:遠刈田
日本こけし館:鳴子温泉
◇企業数 45社
◇従事者数 約61名
◇年間生産額 約2億3千万円(うち伝産品 約1億円)
◇伝統工芸士 14名(平成26年4月現在)
◇主な製品 宮城伝統こけし