山形県 天童将棋駒

山形県 天童将棋駒

産地

山形県 天童市、山形市、村山市

歴史

 将棋駒の製造が天童で始まったのは、江戸時代末期までさかのぼります。明和4年(1767)上野国小幡(現・群馬県甘楽町小幡)から出羽国高畠(現・山形県高畠町)に移封された織田氏は、所領2万石のうち3分の2に近い13,000余石は、天童を中心とする村山地方にありました。天保2年(1831)に高畠から天童に移館し、さらに嘉永元年(1848)には、高畠にあった所領も所領交換により村山に集中するようになり、実質、天童織田藩が実現しました。しかしながら、凶作が続いたことにより藩の財政が困窮し、救済策として家臣に将棋駒製作の内職を積極的に奨励しました。「将棋は戦闘を練る競技であるから、武士の面目を傷つける内職ではない」というのがその理由でした。
 天童織田藩時代は、木地造りと書きの分業形態で将棋駒を製造していました。主に手工業生産が中心でしたが、明治時代末期から機械化による大量生産が進み昭和初期には、安価で良質な天童将棋駒の供給が可能となりました。しかしながら、昭和40年代に入ると、生産の主体は彫り駒に移り、彫埋、盛上の技術が研究され、製品化されました。現在では、一般財団法人伝統的産業振興協会認定の伝統工芸士が作る盛上駒は、プロ棋士のタイトル戦でも使われています。

特徴

 駒木地には使われる主な木材の産地は、薩摩(鹿児島)ツゲや御蔵島(東京都)ツゲなどを使用します。工程は、駒の木地を作る工程と出来た木地に漆を使い蒔絵筆で文字を入れる仕上げ工程に大別されます。
 駒文字には楷書体と草書体があり、特に草書体は天童将棋に伝承されている独特で美しい文字です。また、近年は彫埋駒、盛上駒の研究も進み、水無瀬や巻菱湖などの行書体が多く作られています。

産地PR・最近の取り組み、課題など

 平成26年12月に東京交通会館にて第12回天童将棋駒祭りを開催し、首都圏にPRします。
 その他、後継者育成事業と国民文化祭や人間将棋等イベントや展示会での展示・実演・体験を行っています。

指定年月日

平成8年4月8日