トップページ  > 情報/IT化支援  > 情報の価値を最大化する「共通語彙基盤」セミナー 〜"つながる"データ "つながる"システム〜 の開催について

情報の価値を最大化する「共通語彙基盤」セミナー
〜"つながる"データ "つながる"システム〜 の開催について

 東北経済産業局

国や地方公共団体をはじめとした公的機関では、国民サービス向上や社会活性化のために、保有する公共データを「オープンデータ」(注)として公開することを推進しております。
 データを真に使いやすく、社会に新たな価値を生み出してゆけるものとするためには、機械判読に適しており、多様な情報システムや情報端末がそれを活用し、利用者の求める形に再編集するといった二次利用がしやすい形式とすることが求められています。このためには、用いられる「データ」や「ことば」に統一性を持たせることが重要となります。

経済産業省及び独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、データで用いられる言葉の意味や構造を整理するとともに、それを社会で活用するためのツールの開発等を行う「共通語彙基盤」事業を推進しております。

本セミナーでは、この「共通語彙基盤」を活用することで、効率的なオープンデータの構築を目指している先進自治体での事例を中心に、どのようにしてデータを活用するか、等について、デモを交えつつ説明致します。地方公共団体や企業のオープンデータやシステム担当者、関連ベンダー、ソフト開発コミュニティ、データ構築コミュニティ等に係る皆様の幅広いご参加をお願いいたします。

(注)オープンデータとは
ビジネスや官民協働のサービスでの利用がしやすいように、政府、独立行政法人、地方公共団体等が保有する多様で膨大なデータを、機械判読に適したデータ形式で、営利目的も含め自由な編集・加工等を認めるルールの下、インターネットを通じて公開することである。(世界最先端IT国家創造宣言 2013年6月閣議決定)

1.日時

平成27年9月3日(木)13:00-15:00

2.会場

東北経済産業局第1・2会議室(仙台第一合同庁舎6階)
仙台市青葉区本町3丁目3番1号

3.定員

50名(申込者数が受付人数に達した時点で、受付を終了させていただきます。)

4.参加費

無料

5.主催

経済産業省、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)

6.プログラム(予定)

  1. 世界最先端IT国家創造宣言の推進とプラットホームの整備〜地方創成のための基盤つくり〜 共通語彙基盤( I M I )の推進
  2. 共通語彙基盤事業の概要
  3. 共通語彙基盤を活用したオープンデータ構築のデモ
  4. 文字情報基盤の説明

7.申し込み方法

参加申し込みは、IPAのホームページからお申し込みください。

8.申し込み受付期間

7月22日(水)〜8月31日(月)

9.参考


このページに関するお問い合わせ先
東北経済産業局 地域経済部 情報・製造産業課
TEL:022-221-4903(直通)
FAX:022-223-2658