文字の大きさ

トップページ  > 環境・リサイクル  > 平成30年度ステークホルダー等に対する産業公害防止教室「親子リサイクル体験教室 in 仙台高専」を開催しました

平成30年度ステークホルダー等に対する産業公害防止教室「親子リサイクル体験教室 in 仙台高専」を開催しました

 東北経済産業局
 更新

東北経済産業局では、中小企業の活動における公害防止に関する取組について、一般市民に理解を深めてもらうべく、次世代層の子供達とその親を対象に中小企業の公害防止対策について体験を通じながら楽しく学んでもらうため、小学生4~6学年の児童を対象とした「平成30年度ステークスホルダー等に対する産業公害防止教室事業~親子リサイクル体験教室in仙台高専~」を、仙台高等専門学校、小型家電認定事業者のご協力を得て、8月7日(火曜日)に、仙台高専名取キャンパスにて開催し、仙台市、名取市、岩沼市及び多賀城市在住の小学生親子19組39名が参加しました。

親子リサイクル体験教室開催風景

[ 更新]

1. 仙台高等専門学校遠藤副校長から、体験教室の手順等について説明がありました。

2. 電子基板から金を取り出すため、別途配布した端子をペンチで切断し、試験管に装填しました。

3. 試験管に試薬を注入し、その試験管をドラフト内の湯浴に浸して、ドラフト内で反応を観察しました。

(基板と金のあいだにある銅が溶けはじめて、試験管の中が緑色に変化していく様子)

4. 反応を待つ間、大教室に移動し、関連する以下の説明等を聞きました。

  • 小型家電リサイクル法の説明(DVD上映)
  • 「小型家電の資源リサイクルについて」(ニッコー・ファインメック株式会社)
  • 「電子製品に入っている金属の持つ役割について」(仙台高等専門学校)
ニッコー・ファインメック株式会社 熊谷常務より

ニッコー・ファインメック株式会社 熊谷常務より

企業における小型家電のリサイクルへの取組や「みんなのメダルプロジェクト」について、クイズを交えながら説明がされました。

仙台高等専門学校佐藤准教授より

仙台高等専門学校佐藤准教授より

金属の特徴や用途、重要性などについて、子供達に質問をしながら、説明がされました。

5. また、自ら使用済みのゲーム機を分解して、金属が使われていることを確認しました。

6. その後、剥離された金を、フィルタを使って回収し、その様子を観察しました。

7. 回収された金は、記念としてお持ち帰りいただきました。

参加者アンケートの結果(抜粋)

[ 更新]

小型家電をリサイクルする仕組みがあることをご存知でしたか?

  保護者回答 児童回答
知っていた 47% 58%
なんとなく知っていた 47%  
知らなかった 6% 42%

使わなくなったものに入っている資源をリサイクルする大切さがわかりましたか?

  児童回答
わかった 89%
なんとなくわかった 11%

小型家電リサイクルの仕組みを知らなかった児童が4割近くいたが、体験をとおして資源再生の重要性について認識が深まった。また、「今後、このような体験教室に参加したいですか?」の質問に対し、保護者100%、児童79%が「参加したい」と回答しており、体験教室への高い期待がうかがえた。

参加した方の感想(アンケートより抜粋)

[ 更新]

  • 携帯電話やテレビにはレアメタルや貴金属がたくさん入っていることがわかりました。
  • 小さい基板からけっこうな量の金がとれてよかったし、驚きました。
  • 資源をリサイクルすることによって環境にもよく、つぎにも活用できるものにできることがわかったので、自分もリサイクルするようにしたいです。勉強になりました。

開催内容

循環型社会を確立するためには、地域住民にリサイクル等の資源循環型企業の取組について、理解を深めてもらうことも不可欠です。

そこで、次世代層である子供達とその親を対象として、使わなくなった家電製品等から金を取出す体験を通じて理解を深めてもらう、親子体験教室を開催します。

日時

平成30年8月7日(火曜日) 13時30分~16時00分

会場

独立行政法人国立高等専門学校機構仙台高等専門学校名取キャンパス
(名取市愛島塩手字野田山48番地)

対象者・定員

  1. 対象者:仙台市、名取市、岩沼市、多賀城市に在住の親子(小学校4~6学年児童)
  2. 定員:20組(40名)
    • 応募者多数の場合は抽選にて参加者を決定します。

申込方法及びお問合せ先

事務局あてにFAX、郵便はがき、電子メールのいずれかで応募してください。

申込締切:平成30年7月20日(金曜日)《必着》

事務局:特定非営利活動法人環境会議所東北
住所:〒981-3121 仙台市泉区上谷刈3丁目10-6
電話:022-218-0761(平日:9時30分~17時30分)
FAX:022-375-7797
E-MAIL:kk-tohokuアットマークkk-tohoku.or.jp
  • 【お願い】上記「アットマーク」を「@」に変更してください。
このページに関するお問合せ先
東北経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
電話:022-221-4930(直通)
FAX:022-213-0757
ページのトップへ戻る