トップページ  > 産業立地・地域未来投資  > 地域未来投資促進法

地域未来投資促進法

地域未来投資促進法

地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律(地域未来投資促進法)は、平成29年通常国会(第193国会)に提出され、平成29年6月2日に成立しました(施行:平成29年7月31日)。

※企業立地促進法が平成29年6月2日に改正され、「地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律」として7月31日に施行となりました。

本法律は、地域の成長発展の基盤強化を図るため、地域の特性を活用して高い付加価値を創出し、地域内の事業者への経済的波及効果をもたらす事業(地域経済牽引事業)に対する集中的な支援措置を講じます。

本法律に基づく制度等の詳細については、以下の経済産業省のホームページ御覧ください。

地域未来投資促進法の基本スキーム

地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律(略称:地域未来投資促進法)は、地域の特性を生かして高い付加価値を創出し、地域の事業者に対する相当の経済的効果を及ぼすものである地域経済牽引事業の促進のために地方公共団体が行う取組を支援するとともに、製造業のみならずサービス業等の非製造業を含む、幅広い事業を対象とした支援措置を講じます。

地域未来投資促進法の基本スキーム

東北地域の基本計画と問合せ窓口

地域未来投資促進法に関連する各種情報