トップページ  > 企業立地・産業集積  > 企業立地促進法

企業立地促進法

 

企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律(略称:企業立地促進法)は、地域による主体的かつ計画的な企業立地促進等の取組を支援し、地域経済の自律的発展の基盤の強化を図ることを目的とし、平成19年通常国会で成立し、同年6月11日に施行されました。

産業集積が地域経済の活性化に果たす役割の重要性を踏まえ、地域の強みを活かした個性ある産業集積の形成・高度化等のために行う地域の取組に対し、国が総合的、効果的な支援を講じます。

平成20年8月22日、農林水産関連産業集積の活性化に関する取組について、追加的に支援措置を講ずるため、改正法が施行されました。