トップページ  > 産業クラスター・産学官連携  > 平成27年度「新分野進出支援事業(地域イノベーション創出促進事業)」の公募について

平成27年度「新分野進出支援事業(地域イノベーション創出促進事業)」 の公募について

東北経済産業局
更新

東北経済産業局では、平成27年度「新分野進出支援事業」(以下、「本事業」という。)を実施する委託先を、以下の要領で広く募集します。

1.事業の目的

我が国経済は、大企業による関連工場の相次ぐ撤退や工場立地の減少等の傾向に加え、高い法人税、労働規制、環境規制強化、電力供給制約の影響等もあり、大変厳しい中にあります。

また、経済のグローバル化が進展し国際競争が激化する中で、今後、我が国企業の競争優位を確保していくためには、国際的に通用する地域の強みや特徴・潜在力等を最大限に活用して世界を見据えた事業展開を構想し、我が国経済を牽引することが期待できる成長可能性が高い産業分野への参入や新たなビジネスの創造の促進を行うことが重要です。

そのような状況を踏まえ、平成26年12月27日に閣議決定された「まち・ひと・しごと創生総合戦略」では『地域経済の引上げを図るため、域外需要を取り込む可能性を秘めた地域の中堅・中小企業を発掘し、戦略策定、海外展開・販路開拓等の一貫した支援を実施して、中核企業への成長を促すとともに、取引先への波及効果も含めた支援体制を整備する』ことが盛り込まれました。

本事業は、地域ブロックごとに設置された地方産業競争力協議会(東北地方産業競争力協議会)により取りまとめられた地域の戦略産業の方向性を踏まえつつ、地域経済全体の底上げを図るため、地域の中堅・中小企業に対して地方公共団体の行政区域を跨がる広域経済圏において産学官金の支援体制を構築し、新分野・新事業進出に向けたプロジェクトを推進することにより、地域の中堅・中小企業が有する多様な強みや特徴、潜在力等を積極的に活用し、地域の牽引役となる新たな中核企業の創出を通じて地域産業の裾野拡大及び新たな成長産業群の創出・育成を目指していきます。

2.事業内容

対象となる事業は、地域産業の競争力向上を目的とした、(A)プロジェクトリーダー企業(以下、「PL企業」という。)を中心にプロジェクトを組成し、新事業のコンセプト作り、開発段階での産学連携、事業パートナー発掘、販路開拓などを一貫支援する取組(個別プロジェクト支援型)、並びに(B)個別プロジェクト支援型の取組に加え、優れた技術力等をもつ地域の有望な企業の発掘や新規個別プロジェクトの組成に向けた取組(ネットワーク形成支援型)を行う、プロジェクトマネージャー(以下、「PM」という。)の活動を委託する事業とします。

(A)個別プロジェクト支援型、(B)ネットワーク形成支援型の両事業において、活動全般にわたって指揮するPMを中心として、以下のようなフェーズに沿った取組を実施します。

なお、(A)個別プロジェクト支援型単独での事業提案は認められますが、(B)ネットワーク形成支援型については、(A)個別プロジェクト支援型と関連性を有する取組に限って認められ、単独での事業提案は認められません。

また、対象分野が同一である場合、PL企業を中心とした複数の(A)個別プロジェクト支援型の取組を一つにまとめて提案することも可能とします。


(A)個別プロジェクト支援型

  • ユーザー企業等への販路開拓や海外展開に向けたサポートの実施【フェーズIV】
    (事業例)
    • 売上拡大に向けた大手ユーザー企業等の川下企業や新規顧客等とのマッチング支援として個別商談会を実施
    • ジェトロや中小機構等の販路開拓・海外展開支援施策等の活用支援やその獲得に向けたサポートを実施
    • 認証取得、プロモーション、ブランディング等の戦略に係る商品価値向上に向けたサポートを実施
  • 事業化を目的とする研究開発等の製品化に向けた取組やビジネスモデルの構築を実施【フェーズIII】
    (事業例)
    • 共同体制の強化に向けた関係者間の調整等のプロジェクト参画企業間の連携体制構築の支援を実施
    • 高度な技術的知見を有する専門人材の活用による最新情報・知識の導入、研究会のマネジメント、不足リソースの補完等の研究会の高度化支援を実施
    • 試作費用、共同研究開発、人材育成等の活動経費に関する助成事業等の活用支援を実施

(B)ネットワーク形成支援型

  • 具体的マッチングに資する取組から研究会発足の支援を実施【フェーズII】
    (事業例)
    • 企業の技術力をユーザー企業に認知してもらい、具体的な事業化・製品化に向けた商談に結び付ける取組としてニーズ・シーズ発信会を実施
    • フルオープンのものではなく、出口戦略に基づき、企業や大学、研究機関等で個別相談会方式による個別商談会を実施
    • ニーズ・シーズ発信会での成果を中心に戦略的に事業内容を検討し、出口戦略を見据えた研究会の組成に向けた取組を実施
  • 地域企業やサプライチェーンの把握に資する取組やネットワーク形成に向けた準備を実施【フェーズI】
    (事業例)
    • 地域企業やサプライチェーンの把握・整理を行い、後のネットワーク形成活動に資する情報の蓄積を目的とした取組を実施
    • 新分野・新事業への進出を目指す地域の有力企業を発掘し、それらの動向を把握するセミナー・フォーラムの開催
    • 把握したプレイヤーによるネットワーク形成に向けた準備の実施

※事業の真の目的を理解した上で、出口戦略を達成するために不要と思われるフェーズについては省略することも可とします。
  また、各フェーズの例に示されている取組の名称(セミナー・フォーラム等)での開催に縛られるものではありません。

3.公募期間

平成27年4月6日(月)〜4月28日(火)17時まで(必着)

4.公募説明会

本公募に係る説明会を以下のとおり開催いたします。参加をご希望される方は参加申込書に必要事項を記載の上、平成27年4月10日(金)17時までにお申し込みください。

※会場には駐車場がございませんので、公共交通機関等でご来場ください。
※会場のある仙台第2合同庁舎は、庁舎内のセキュリティ強化を図るため、セキュリティゲート・受付を運用しています。ご来場にあたっては、お手数ですが、来庁者受付にて、氏名・連絡先等を記入し、身分証明書・運転免許証等をご提示頂くなどの手続きが必要となりますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

5.募集要領等

6.問い合わせ先

東北経済産業局 地域経済部 次世代産業室
担当:高橋、布施
住所:仙台市青葉区本町3丁目3番1号 仙台合同庁舎5階
電話:022-221-4895
FAX:022-265-2349

このページに関するお問い合わせ先
東北経済産業局 地域経済部 次世代産業室
TEL:022-221-4895(直通)
FAX:022-265-2349