トップページ  > 産業人材

産業人材

東北経済産業局では、産業を支える人材の育成・確保に取り組んでいます。現場の技術者や若年者、学生・生徒などの産業を支える人材を育成するため、産業界・教育界・行政・団体等の地域のネットワークと連携し、様々な取り組みを展開しています 。

トピックス

アオヤジhtml  アカヤジpdf

社会人基礎力とは

「社会人基礎力」とは、職場や地域社会の中で多様な人々ともに仕事を行っていく上で必要な基礎的な能力のことをいいます。

「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3つ能力(12の能力要素)から構成され、経済産業省が2006年から提唱しています。

キャリア教育とは

キャリア教育とは、『一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育』のことをいいます。(平成23年1月中央教育審議会「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について(答申)」より)

経済産業省では、次世代を担う人事育成に産学協働で取り組むため、キャリア教育を推進しています。

ダイバーシティ経営とは

「ダイバーシティ経営」とは、「多様な人材が持つ能力を最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営」を指します。

経済産業省では、ダイバーシティ経営のすそ野を広げるため、様々な規模・業種の企業における「ダイバーシティ経営」への積極的な取組を「経済成長に貢献する経営力」として評価し、ベストプラクティスとして発信する「ダイバーシティ経営企業100選」(経済産業大臣表彰)を平成24年度から実施しております。平成27年度からは、「新・ダイバーシティ経営企業100選」とし、働き方改革・女性の職域拡大等の分野を設け、より広く経営に効果のある事例を募っています。

ジョブカフェとは

各県は「若者自立・挑戦プラン」の中核的施策となる新たな取組として、地域の雇用・産業特性等に合った若者の就業促進及び能力向上を図るため、就職支援サービスを1か所でまとめて受けられるワンストップサービスセンター「ジョブカフェ」を設置しています。

ジョブカフェでは、キャリアカウンセリングや就職支援セミナー等、若者の雇用促進・定着等の支援事業を行っています。