トップページ  > 製品安全室  > 東北経済産業局における製品安全4法違反事案への対応状況(平成25年度)

東北経済産業局における製品安全4法違反事案への対応状況(平成25年度)

2014.06.13 東北経済産業局

経済産業省においては、製品安全4法(※)の適正かつ的確な執行を図るため、試買テスト及び立入検査により見いだされた違反に対応するほか、事業者からの自主報告、消費者等の第三者からの情報提供、自治体による販売事業者への立入検査結果報告等によって法令違反の疑いが発生したときには、事実関係について調査を行い、さらに違反の事実が判明した場合には、事業者に改善を求め、必要な場合には法律に基づく措置をとっています。

そのうち、平成25年度に当局が対応した事案の概要は以下の通りです。

(※)製品安全4法:「消費生活用製品安全法」、「電気用品安全法」、「ガス事業法」、「液化石油ガスの保安の確保及び取引に関する法律」の総称

1.概要

いずれも一般消費者に危害を発生させるおそれのほとんどない程度であったため、当局は4事業者に対して産業部長名による文書注意を行うとともに、必要な改善措置の指導を行い、事業者からの報告により適切な改善等が行われたことを確認しております。

2.個別事案

番号 品目名等 情報入手方法 違反の内容 事業者の対応
1 直流電源装置他
(輸入事業者)
【電気用品安全法】
(独)製品評価技術基盤機構による立入検査結果 ・適合性検査証明書の未整備
・自主検査結果記録の未整備
・不適正表示製品の販売
・出荷停止
・適合性検査証明書の整備
・自主検査記録の整備
・再発防止策の実施
2 その他の音響機器
(輸入事業者)
【電気用品安全法】
第3者からの情報提供 ・事業届出書の誤記
・技術基準未確認
・不適正表示製品の販売
・出荷停止
・事業届出書の修正
・技術基準の確認
・再発防止策の実施
3 エル・イー・ディー電灯器具他
(輸入事業者)
【電気用品安全法】
試買検査の結果報告 ・技術基準の不適合
・出荷停止
・技術基準適合品への改善
・再発防止策の実施
4 エル・イー・ディー電灯器具
(製造事業者)
【電気用品安全法】
(独)製品評価技術基盤機構による立入検査結果 ・自主検査結果記録の未整備
・不適正表示製品の販売
・出荷停止
・自主検査記録の整備
・再発防止策の実施

このページに関するお問い合わせ先
東北経済産業局 産業部 消費経済課 製品安全室
TEL:022-221-4918(直通)
FAX:022-215-9463