トップページ  > 資源エネルギー  > 電力需給

電力需給

電力は、国民生活及び経済活動に不可欠のエネルギーであり、これを低廉な価格で豊富に、かつ安定して供給することは、極めて重要であり、これまで電力需要は着実な増加を続けてきておりますが、そのためにも将来の電力需要に合わせて着実に電源開発を進めていくことが必要です。

一方、電力は基本的には貯めることはできませんので、需要家が消費する電力(需要)と電力会社が発電する電力(供給)のバランスを保つ必要があるため、時々刻々と変化する電力需要に合わせて、発電所の電力を調整し、周波数を一定に保つなど、需給の安定確保を図ることが必要です。

このため、電力の供給計画、電力の需給調整、電力に関する統計調査等に関する業務を着実に進めてまいります。


トピックス

アオヤジhtml  アカヤジpdf

電力需給対策について

東日本大震災後、東北管内の電力需給の状況は改善方向にありますが、原子力発電所が停止し、老朽火力発電所や緊急設置電源を活用する等、未だに供給力が万全ではなく、大規模な電源脱落等の不測の事態により電力需給がひっ迫する可能性があるため、引き続き、電力の需要と供給の両面から対策を講じてまいります。

電力に関する統計調査等について

経済活動及び国民生活の基盤を成す電気事業等における需要実績、発電電力量等を明らかにし、電力の安定供給に資することを目的として、統計調査を行っております。