大沼地熱発電所
発電出力:9,500kW 運転開始日:昭和49年6月17日
map

【見学等に係るお問い合わせ先】
 三菱マテリアル(株)大沼地熱発電所
  地熱・電力事業センター 東北電力所
   TEL:0186-23-3076


 
発電所通信へ戻る 澄川地熱発電所

大沼地熱発電所全景
十和田湖八幡平国立公園の中にある地熱発電所
三菱マテリアル(株)大沼地熱発電所は日本で3番目に古い地熱発電所で、昭和49年から発電を開始しました。
 八幡平の秋はすでに終わり、平地より一足早い冬がやって来ました。大沼地熱発電所の面する八幡平アスピーテラインは、豪雪のため頂上付近が冬期間通行止めとなります。しかし、美しい樹氷を見るために、山スキーを履いて八幡平頂上まで登る人たちもいます。
大沼発電所のすぐ隣にある秋田八幡平スキー場は、県内で最も早くオープンし、春はゴールデンウィークの頃までと、秋田県の中では一番長い間営業しています。スキー場のリフトからは、大沼発電所が左手に望めます。スキーを楽しんだ後は、温泉でのんびりするのもよいでしょう。
静かな八幡平の冬ですが、景色、スキー・スノーボード、温泉と楽しむところは一杯です。

三菱マテリアル(株)大沼地熱発電所のホームページはこちらから