トップページ  > 資源エネルギー  > 新エネルギー  > 次世代エネルギーパーク計画の認定について 〜秋田市が新たに認定されました〜

次世代エネルギーパーク計画の認定について 〜秋田市が新たに認定されました〜

2014.10.31 東北経済産業局

経済産業省は、地球環境と調和したエネルギーの在り方に関する国民の理解の増進を図るため、太陽光等の再生可能エネルギー設備や体験施設等を整備した「次世代エネルギーパーク」の取組を推進しています。

この度、昨年度に引き続き、地方自治体等の計画を公募したところ、全国4件の応募があり、審査委員会で審査した結果、いずれの計画も認定基準を満たしていることから、新たに4件を「次世代エネルギーパーク」計画として認定しました。

このうち、東北地域からは、秋田県秋田市が認定されています。

これにより、東北地域の認定計画は、9件となりました。

1.秋田市の認定計画概要

風況を生かした多様な風力発電施設、日本海側における太陽光発電、豊富な森林 資源を生かした木質バイオマスのほか、再生可能エネルギー施設が数多く立地している秋田市。地域特性を生かした再生可能エネルギー見学コースを3種企画し、施設案内ガイドの派遣や次世代エネルギーパーク全体の説明ブースを設置するなどし、見学・広報体制を整備する。

2.次世代エネルギーパークについて

次世代エネルギーパークとは、再生可能エネルギーをはじめとした次世代のエネルギーに、実際に国民が見て触れる機会を増やすことを通じて、地球環境と調和した将来のエネルギーの在り方に関する理解の増進を図る計画を、経済産業省が認定するものです。

次世代エネルギーパークは、これまで(平成19年度〜25年度)に全国で56件が認定されており、26年度認定4件を含め全国で60件となりました。経済産業省は、認定した次世代エネルギーパークについて、ホームページをはじめとした様々な媒体による情報発信等を通じて積極的に支援していきます。

参考

次世代エネルギーパークの詳細は資源エネルギー庁のホームページをご参照下さい。

このページに関するお問い合わせ先
東北経済産業局 資源エネルギー環境部 エネルギー対策課
TEL:022-221-4932(直通)
FAX:022-213-0757