トップページ  > 資源エネルギー  > 新エネルギー  > 「スマートコミュニティ実現支援フォーラム in 仙台」の開催について

「スマートコミュニティ実現支援フォーラム in 仙台」の開催について

東北経済産業局
更新

東北経済産業局では、「スマートコミュニティ実現支援フォーラムin仙台」を開催します。

本フォーラムでは、地域の課題解決の手段として「スマートコミュニティ」構築への期待が高まる中、東北地域において先行するスマートコミュニティ導入促進事業の取組事例を紹介するとともに、事業の中で見えてきた課題、地域への期待などを整理していきます。

今後スマートコミュニティの構築等をお考えの自治体、事業者の方々に有益な情報をご提供できる機会と考えておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

なお、本フォーラムは、「第3回国連防災世界会議」の関連イベントとして開催される「防災産業展in仙台」において開催されます。

1.日時

平成27年3月17日(火) 13:00〜16:00

2.会場

夢メッセみやぎ 会議棟1階大ホール
(仙台市宮城野区港3−1−7)

3.主催等

主催:日刊工業新聞社、株式会社日本能率協会コンサルティング
共催:東北経済産業局

4.主な内容

  1. (1)基調講演
    「東北地域にスマートコミュニティをつくる」
    〜地域熱需要の分散を考慮したエネルギーシステムのデザイン〜
    講師:東北大学大学院工学研究科 教授 中田 俊彦氏
  2. (2)事例発表
    1. 「気仙沼における地元主体の水産加工団地スマート化プロジェクト」
      スマートシティ企画株式会社
    2. 「工業団地における「F−グリッド」を核としたスマートコミュニティ事業」
      トヨタ自動車株式会社
  3. (3)パネルディスカッション
    テーマ:「東北の未来に向けたまちづくり」
    参加自治体:岩手県宮古市、岩手県北上市、宮城県石巻市、福島県会津若松市

5.定員

300名(入場無料)(参加登録をお願いします。)
※詳細は、「防災産業展in仙台」ホームページをご覧下さい。

6.その他(関連展示)

東北経済産業局では、自治体の皆様が分散型エネルギーやエネルギーマネジメント(EMS)の導入を無理なく実現することで、更なるエネルギーの効率利用・普及拡大を図っていただくことを目的に、導入に向け自治体の皆様が抱える課題の整理や、シナリオづくり・計画立案を支援する「分散型エネルギーを活用した地域課題解決支援事業」を実施しております。

この度、「防災産業展in仙台」において、本事業にご参加いただいている6自治体の地域課題を整理したパネル展示を行うこととしました。

当局では、今後、企業の皆様から、これら地域課題を解決するエネルギーを活用したご提案をいただく機会を設ける予定としておりますので、まずは、本展示をご覧いただきますようご案内します。

[追記]

また、展示ブース内では自治体への課題提案を体験いただくミニワークショップ(簡易版)を開催しますので、あわせてご参加下さい。

展示の詳細、ミニワークショップの申込については、こちらをご覧下さい。


このページに関するお問い合わせ先
東北経済産業局 資源エネルギー環境部 エネルギー対策課
TEL:022-221-4932(直通)
FAX:022-213-0757