トップページ  > 資源エネルギー  > 地球温暖化対策

地球温暖化対策

平成20年4月から京都議定書の第一約束期間がはじまり、温室効果ガス削減に向けた官民挙げての取り組みが活発に行われております。また、京都議定書の後に続く温暖化対策に関する国際枠組みについては、平成21年12月にデンマークのコペンハーゲンにおいて、COP15の開催が予定されており、この動きも活発化しております。

地球温暖化対策における地域の役割が期待されている中、当局では、東北地域のエネルギー・温暖化対策を推進するため、関係省庁と協力して「東北地域エネルギー・温暖化対策推進会議」を設置し、平成17年6月7日に第1回を実施して以来、平成26年6月までに計10回の会議を開催しております。

本ページでは、本推進会議の取り組み等を中心に、温暖化対策に関する多様な情報を掲載して参ります。

 

トピックス

アオヤジhtml  アカヤジpdf
 

東北地域エネルギー・温暖化対策推進会議について

1. 目的及び設置

地域におけるエネルギー・温暖化対策に関する情報交換・共有や、エネルギー需給構造に関する実態把握等を図り、地方公共団体をはじめ地域の地球温暖化対策に関する自主的な取り組みを促進するため、平成17年3月31日に地域エネルギー・温暖化対策推進会議が全国9ブロックで設置され、東北ブロックには「東北地域エネルギー・温暖化対策推進会議(以下「推進会議」)」が設置されました。

2. 活動内容

推進会議においては、以下の活動を行うこととしています。

(1)関係者間の情報交換・共有・課題の洗い出し
(2)客観的な実態把握(基礎となるデータの提供)
(3)地域の地球温暖化対策に係る計画・プロジェクト等の策定・実現化支援

3. 組織

推進会議の構成員は、国の地方支分部局、域内の地方公共団体、エネルギー関係者、経済団体、消費者、都道府県地球温暖化防止活動推進センター、NGOなどで構成することとしています。

(1)構成員については、別紙の構成員名簿をご参照下さい。
(2)推進会議には、必要に応じてその他の関係者を参加させることとしています。

4. 会議開催等

推進会議は年1回程度開催することとし、必要に応じ推進会議のもとに幹事会、分科会、ワーキンググループを設けることができることとしています。現在、幹事会の他、「ESCO事業」と「スマートグリッド」の2つのワーキンググループを設置しています。

  • 第1回会議(2005.06.07)
  • 第2回会議(2006.07.07)
  • 第3回会議(2007.07.03)
  • 第4回会議(2008.07.04)
  • 第5回会議(2009.07.03)  配付資料
  • 第6回会議(2010.07.28)  配付資料
  • 第7回会議(2011.10.19)  配付資料
  • 第8回会議(2012.11.07)  配付資料
  • 第9回会議(2014.03.04)  配付資料
  • 第10回会議(2014.06.02) 配付資料
  • 第11回会議(2016.01.25) 配布資料

5. 事務局

推進会議の事務局は、東北経済産業局、東北地方環境事務所とし、会議の運営について、東北農政局、東北運輸局、東北地方整備局が協力することとしています。


当推進会議では、活動のひとつとして以下のパネル及び冊子を作成しております。 地球温暖化対策の推進に向けた参考資料として、皆様にご活用頂ければ幸いです。 (パネルの貸し出しにつきましては、一定の条件があります。)