文字の大きさ

トップページ > 知的財産・特許 > オープンイノベーション促進のためのモデル契約書を御活用ください

オープンイノベーション促進のためのモデル契約書を御活用ください

東北経済産業局

特許庁は、オープンイノベーションに関する取組を紹介するポータブルサイトを開設しました。本サイトでは、研究開発型スタートアップと事業会社のオープンイノベーション促進のためのモデル契約書を公表しています。
モデル契約書は、池井戸潤氏著「下町ロケット」に登場する弁護士のモデルとなった鮫島正洋氏を始め、TLO・ベンチャー企業・法律事務所等の専門家で構成される委員会において検討・策定されました。研究開発型スタートアップのみならず、中小企業、弁理士、弁護士等、様々な立場の方に御参考としていただける内容となっています。是非御活用ください。

モデル契約書策定の背景とポイント

スタートアップと事業会社は、それぞれに異なる強みをもった補完関係にあるパートナーです。ビジネスモデルや経営手法、成長モデルが全く異なる両者が中長期的な目線でWin Winとなるよう、協議・交渉するプロセスを加速するツールとして、本モデル契約書を策定しました 。
企業間の法務・知財に係るリソースのギャップが存在することを前提として、基本的な理解を手助けし、双方のスムーズな交渉と協業を実現することを意図しています。

モデル契約書の主な特徴

  1. 共同研究開発の連携プロセスの時系列に沿って必要となる、秘密保持契約、PoC(技術検証)契約、共同研究開発契約、ライセンス契約に関するモデル契約書を提示しています。
  2. 仮想の取引事例を設定して、契約書の取り決め内容を具体化することで、交渉の勘所を学ぶことができます。
  3. 契約書の文言の意味を逐条解説で補足することで、当該記載を欠いた場合の法的リスクなど、契約に潜むビジネスリスクへの理解を深めることができます。

モデル契約書の種類と解説

それぞれ、タームシートと契約書を公表しています。契約書は、想定シーンが提示されたうえで逐条解説されているので、規定のポイントを理解しやすくなっています。

モデル契約書の入手先及びオープンイノベーション・企業連携に関する情報

タームシート及びモデル契約書は、下記サイトにおいてダウンロード可能です。
また、オープンイノベーション・企業連携における技術取引や知的財産に係るリスクに関する情報も掲載しておりますので、併せて御活用ください。

このページに関するお問合せ先
東北経済産業局 地域経済部 産業技術課 知的財産室
電話:022-221-4819
FAX:022-265-2349
ページのトップへ戻る