文字の大きさ

トップページ  > 統計情報 > 東北地域百貨店・スーパー販売額動向

東北地域百貨店・スーパー販売額動向

最新の発表資料

東北地域百貨店・スーパー販売額動向 (旧名称:東北地域大型小売店販売額動向)

2019年6月分速報

 発表

百貨店・スーパーの動向

  1. 全店(百貨店19店舗、スーパー487店舗、計506店舗)

    2019年6月の管内(東北6県)百貨店・スーパー販売額は987億円、前年同月比でみると、0.1%の増加となった。百貨店は153億円、同3.5%の減少、スーパーは833億円、同0.8%の増加となった。

    商品別にみると、衣料品は同5.7%の減少、身の回り品は同0.9%の増加、飲食料品は同1.3%の増加、家具・家電・家庭用品は同1.9%の減少、その他の商品は同1.9%の減少となった。

  2. 既存店

    2019年6月の百貨店・スーパー販売額は、前年同月比(既存店)でみると、同0.5%の減少となった。百貨店は同2.2%の減少、スーパーは同0.1%の減少となった。

(参考)東北地域コンビニエンスストア、専門量販店販売額動向

  1. コンビニエンスストアの動向

    2019年6月のコンビニエンスストアの商品販売額及びサービス売上高は681億円、前年同月比0.2%の減少となった。

  2. 家電大型専門店販売額の動向

    2019年6月の家電大型専門店販売額は169億円、前年同月比4.6%の増加となった。

  3. ドラッグストア販売額の動向

    2019年6月のドラッグストア販売額は385億円、前年同月比6.3%の増加となった。

  4. ホームセンター販売額の動向

    2019年6月のホームセンター販売額は241億円、前年同月比3.0%の減少となった。

詳細につきましては、以下資料を御参照ください。

お知らせ

  • 2019年1月分確報で、2018年年間補正を行いました。[2019年03月28日]
  • 2016年4月速報時より、コンビニエンスストア販売額、家電専門量販店販売額、ドラッグストア販売額及びホームセンター販売額については百貨店・スーパー販売額の参考資料として公表します。数値は経済産業省のホームページでも御確認頂けます。[2016年06月14日]
  • 2016年1月確報時のドラッグストアにおいて、一部調査対象企業の訂正があり、2015年1月~12月分まで遡及して修正(年間補正)を行いました。このため、2014年1月~12月分の販売額等にリンク係数を乗じて処理した数値が2015年1月分以降と接続することになります。
    リンク係数については経済産業省ホームページを御参照ください。[2016年03月29日]
  • 2015年7月分からの商業動態統計の改正について
    2015年7月速報より、旧専門量販店調査の対象であった事業所(家電大型専門店、ドラッグストア、ホームセンター)が商業動態統計調査の対象に組み入れられ、統計の名称が「大型小売店販売動向」から「百貨店・スーパー販売動向」と変更されました。併せて、前年同月比増減率については、リンク計数で前年の値を補正した上で計算しました。詳細は経済産業省のホームページから御覧ください。
  • 2015年7月分より、コンビニエンスストアの地域別商品販売額等(商品販売額及びサービス売上高)の把握を地方経済局単位から都道府県別単位に細分化するとともに、既存店の月間商品販売額等を削除しております。
  • 2015年6月分確報時において、過去時系列データの精査が行われ、調査が開始された2014年1月分から2015年5月分の統計数値の一部の修正がありました。

過去の公表資料

過去に公表された東北地域百貨店・スーパー販売額動向(速報)の公表資料を掲載しています。

時系列データ(確報)

  • 2019年5月分(確報)データを更新しました。[2019年07月18日]
  • 2019年1月以降の数値は年間補正により修正される場合がありますので、御留意ください。
  • 2019年1月分確報で、2018年年間補正を行いました。[2019年03月28日]

お問合せ

東北経済産業局

総務企画部 企画調査課
電話:022-221-4874
FAX:022-224-0384
ページのトップへ戻る