トップページ  > キッズページホーム  > 東北地域経済データブック

東北地域経済データブック
データで見る東北の今

  • 青森
    総面積
    ●9,646㎢
    総人口
    ●1,263千人
    域内総生産
    ●45,803億円
    製造品出荷額等
    ●19,121億円
    小売業販売額
    ●14,305億円
  • 秋田
    総面積
    ●11,638㎢
    総人口
    ●981千人
    域内総生産
    ●34,513億円
    製造品出荷額等
    ●13,755億円
    小売業販売額
    ●11,256億円
  • 山形
    総面積
    ●9,323㎢
    総人口
    ●1,090千人
    域内総生産
    ●40,398億円
    製造品出荷額等
    ●28,987億円
    小売業販売額
    ●11,597億円
  • 岩手
    総面積
    ●15,275㎢
    総人口
    ●1,241千人
    域内総生産
    ●46,743億円
    製造品出荷額等
    ●25,257億円
    小売業販売額
    ●13,688億円
  • 宮城
    総面積
    ●7,282㎢
    総人口
    ●2,316千人
    域内総生産
    ●94,755億円
    製造品出荷額等
    ●44,696億円
    小売業販売額
    ●27,723億円
  • 福島
    総面積
    ●13,784㎢
    総人口
    ●1,864千人
    域内総生産
    ●79,179億円
    製造品出荷額等
    ●51,204億円
    小売業販売額
    ●21,097億円
東北全体
総面積
●66,947㎢  「全国都道府県市区町村別面積調」(国土地理院)
総人口
●8,755千人  「人口推計」(総務省)
域内総生産
●341,390億円  「平成28年度県民経済計算」(内閣府、各県公表資料)
製造品出荷額等
●183,019億円  「平成30年工業統計調査」(経済産業省)
小売業販売額
●99,666億円  「平成28年経済センサス活動調査」(総務省、経済産業省)


東北地域の総面積
東北地域の総面積は66,952km2(平成25年) 割合は、青森14.4%、岩手22.8%、宮城10.9%、秋田17.4%、山形13.9%、福島20.6%
東北地域の総人口
東北地域の総人口は8,983千人(平成27年) 割合は、青森14.6%、岩手14.2%、宮城26.0%、秋田11.4%、山形12.5%、福島21.4%
東北地域の域内総生産
東北地域の域内総生産は32兆5,838億円(平成26年度) 割合は、青森13.6%、岩手14.3%、宮城27.3%、秋田10.6%、山形11.5%、福島22.7%

東北地域の製造品出荷額等
東北地域の製造品出荷額等は16兆7,600億円(平成26年) 割合は、青森9.5%、岩手13.5%、宮城23.7%、秋田7.2%、山形15.6%、福島30.4%
東北地域の小売業販売額
東北地域の小売業販売額は8兆9,828億円(平成25年) 割合は、青森13.7%、岩手13.9%、宮城26.3%、秋田11.7%、山形12.7%、福島21.6%
【全国対比表】
東北地域 対全国比
総面積 17.7%
総人口 6.9%
域内総生産 6.4%
製造品出荷額等 5.7%
小売業販売額 7.2%

ページの先頭へ


域内総生産

新聞などで「GDP」という言葉を見たことがありますか? GDP(Gross Domestic Productの略)を、日本語では「国内総生産」(こくないそうせいさん)といいます。

国内総生産は、日本国内で一年間に新しく生み出された生産物やサービスの金額の合計のことです。国内総生産は、その国の経済の力の目安としてよく使われます。

GDPは国内全体で計算したものですが、それを地域単位で計算したものが「域内総生産」(いきないそうせいさん)です。ここでは東北6県の域内総生産を紹介しています。


製造品出荷額等

製造品出荷額等(せいぞうひんしゅっかがくとう)は、工場で生産される製品などの価値の、一年間の合計です。

製造品出荷額は、経済産業省(けいざいさんぎょうしょう)が調査している「工業統計調査」で分かります。


小売業販売額

小売業販売額は、百貨店やスーパー、小売店などの小売業の方が一年間に商品を売った金額の合計です。小売とは、会社などではなく、一般の人に商品を売ることをいいます。ここでは東北6県の小売業販売額(こうりぎょうはんばいがく)を紹介しています。

小売業販売額は、経済産業省が調査している「商業統計」から分かります。


このデータから分かること

たとえば、東北地域で面積が一番大きいのは岩手県、人口が一番多いのは宮城県だということが分かります。

域内総生産と小売業販売額は宮城県と福島県が多く、製造品出荷額は福島県が一番多いので、宮城県や福島県では人口が多く、商業や工業が盛んだということが分かります。

また、東北地域全体のデータを全国のデータと比べると、経済のデータ(域内総生産、製造品出荷額、小売業販売額)は人口とほぼ同じように、全国の6~7%の割合を占めていることも分かります。


ページの先頭へ