文字の大きさ

トップページ > NEXT TOHOKU MEETUP > 「人材共創経営のススメ;なぜ、あの企業には人が集まるのか?今こそ、多様な人材が活躍するオープンな組織への変革」を作成しました

「人材共創経営のススメ;なぜ、あの企業には人が集まるのか?今こそ、多様な人材が活躍するオープンな組織への変革」を作成しました

東北経済産業局

東北経済産業局では、地域企業の皆様が副業・兼業・プロボノ人材との協業を行う際に取組の参考としていただくため、企業向けガイダンス「人材共創経営のススメ」を作成しました。

内容

新型コロナウイルスの感染拡大による事業環境の変化も伴い、地域の中小企業を取り巻く経営課題もますます複雑化・多様化する中、限られた社内リソースだけで対応困難な課題を解決するためには、副業・兼業・プロボノ等の多様な人材をパートナーとして受入れ、「協業する」選択肢がますます重要となります。

このたび、地域企業の皆様や支援機関の皆様向けに、副業・兼業・プロボノ人材との協業ノウハウや協業のコツ、具体的な協業事例を御紹介することにより、今後の取組の参考としていただくため、企業向けガイダンス「人材共創経営のススメ」を作成しました。

なお、本ガイダンスの作成にあたっては、6名の外部有識者の皆様にアドバイスを頂戴しました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

公表資料

アドバイスを頂戴した有識者の皆様(順不同)

「人材共創経営」について

東北経済産業局では、地域社会の未来を見据え、(1)組織変革に挑戦し、(2)多様な人材との共創・パートナーシップにより、(3)事業の成長や発展につなげている企業経営の在り方を「人材共創経営」と称して、今後地域企業の皆様とともに、価値共創の取組を推進していくこととしています。

 

NEXT TOHOKU MEETUP ロゴマーク

人材共創経営 ロゴ

このページに関するお問合せ先
東北経済産業局 総務企画部 企画調査課
電話:022-221-4861(直通)
FAX:022-224-0384
ページのトップへ戻る