文字の大きさ

トップページ > 東日本大震災 関連情報 > 東日本大震災から11年を経た産業振興の今後;グリーン対応やSDGs対応に向けた取組を進めます

東日本大震災から11年を経た産業振興の今後;グリーン対応やSDGs対応に向けた取組を進めます

東北経済産業局

東日本大震災の発災から10年が経過しました。

各種の取組において経済指標の回復はみられるものの、コロナ禍等による新たな課題も発生しており、結果として、東日本大震災による課題と将来に向けた課題が重層化しつつあります。

さて、被災地のみならず国内外でグリーンやSDGsへの対応が益々重要となっています。

東北経済産業局では、従来の復興関連の補助事業等のスムーズな執行に加え、震災復興の過程で新たに立地した事業者、復旧・復興した事業者に対し、関係機関と連携を図りつつグリーン対応やSDGs対応に向けた支援を実施します。

復興アップデート事業の目的

持続可能な成長のため、復旧から復興を支援してきた中小企業等グループ施設等復旧整備補助事業(グループ補助金)、津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金(津波補助金)、自立・帰還支援雇用創出企業立地補助金(自立補助金)の3補助金の採択事業者や沿岸市町村における水産関連事業者に対し、グリーン対応やSDGs対応に向けた支援を行います。

具体的な内容

補助金の採択事業者や沿岸市町村における水産関連事業者に対し、専門家派遣や各種相談・マッチングを実施します。

3補助金の採択事業者に対する支援

沿岸自治体の漁業関連産業に対する支援

  1. RE100とは
    企業が自らの事業の使用電力を100%再エネで賄うことを目指す国際的なイニシアティブ(積極的な取組の枠組み)
  2. ASC・MSC認証とは
    持続可能な天然水産資源管理のために漁業に与えられる認証がMSC認証、環境や社会に関し適切に管理されている養殖場に与えられる認証がASC養殖認証

説明資料

グリーン対応やSDGs対応に向けた支援

このページに関するお問合せ先
東北経済産業局 産業部 東日本大震災復興推進室
電話:022-221-4813(直通)
FAX:022-215-9463
ページのトップへ戻る