文字の大きさ

トップページ > 環境・リサイクル > 2020年7月1日よりプラスチック製買物袋の有料化が開始しました

2020年7月1日よりプラスチック製買物袋の有料化が開始しました

東北経済産業局
最終更新

プラスチックは、非常に便利な素材です。成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題もあります。私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。

このような状況を踏まえ、2020年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋(レジ袋)の有料化が開始されました。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

プラスチック製買物袋有料化について

制度の概要

対象事業者

プラスチック製買物袋を扱う小売業を営む全ての事業者

 対象買物袋

有料化の対象となるのは、購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製買物袋

 価格設定や売上の使途

価格も売り上げの使途も、事業者自ら設定することとなります。
ただし、1枚あたりの価格が1円未満になるような価格設定をすることは有料化にあたりません。

詳しくは以下の経済産業省ホームページを御覧ください。
実施にあたり「プラスチック製買物袋有料化実施ガイドライン」の公表と、「相談窓口」を設置しております。

事業者向けチラシ

プラスチック製買物袋の有料化の開始に伴い、事業者の皆様における対応の準備をお願いするチラシ(A4サイズ)です。地方自治体や業界団体、商工会等の皆様から事業者の皆様に対して周知をされる際に御利用ください。

PDFファイルでチラシを御覧いただく場合は、チラシの画像をクリックしてください。

レジ袋有料化チラシ(事業者向け)

PDF形式PDF形式:238KB A4サイズ 

 

みんなで減らそう レジ袋チャレンジ(環境省)

レジ袋有料化をきっかけに、プラスチックごみ問題について考えていただき、日々の買い物でマイバッグを持参して、レジ袋を辞退することが当たり前になる、そういった一人一人のライフスタイルの変革を目指すため、環境省においてキャンペーンを実施しています。
詳細は下記ホームページを御覧ください。

レジ袋チャレンジの目標

レジ袋をもらわない人の割合を6割に!

レジ袋
チャレンジ・サポーター

「レジ袋チャレンジ」の趣旨に賛同し、レジ袋を使わない人を6割に倍増する目標に向けて、一緒に消費者に呼びかけていただける事業者や団体様を募集しています。
御登録いただくと、店頭等でPRするための動画や店内放送などの素材を御使用いただくことができます。
また、御登録の際に各事業者・団体様の取組を併せて御登録されますと、当該サイトで御紹介させていただきますので、是非御活用ください。

レジ袋有料化に係る説明会の開催について(団体・事業者向け)

[開催終了しました]

開催日時

開催方法

オンライン開催(株式会社ネクプロのオンラインサービスを利用)

説明会の内容

申込み方法

下記応募フォームよりお申込みください。

 

説明会に関するお問合せについては、応募フォーム記載の事務局まで、直接お問合せください。

レジ袋有料化制度説明会事務局
E-MAIL:infoアットマークmeti-plasticbag.com
  • 【お願い】上記「アットマーク」を「@」に変更してください。
このページに関するお問合せ先
東北経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
電話:022-221-4930(直通)
FAX:022-213-0757
ページのトップへ戻る