文字の大きさ

トップページ > 産業技術 > 令和元年度補正予算「ものづくり補助金」の3次締切の公募要領が公開されました

令和元年度補正予算「ものづくり補助金」の3次締切の公募要領が公開されました

東北経済産業局

令和元年度補正予算で措置された中小企業生産性革命推進事業のうち、「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(ものづくり補助金)」の3次締切の公募要領が公開されましたのでお知らせします。

また、緊急事態宣言の解除を受けて本格化する事業再開を強力に後押しするため、中小・小規模事業者による業種別ガイドライン等に沿った取組に対して、支援内容を拡充します。

申請要件・申請方法

詳しくは、以下の中小機構・生産性革命推進事業ポータルサイト内の「補助金・助成金を利用する」を御覧ください。

公募スケジュール

公募開始

2020年5月22日(金曜日)12時00分

申請受付

2020年6月10日(水曜日)17時00分

応募締切(3次締切)

2020年8月3日(月曜日)17時00分

特別枠及び事業再開枠について

特別枠概要

新型コロナウイルスの影響を乗り越えるために前向きな投資を行う事業者に対して、通常枠とは別に、補助率を引き上げ、営業経費を補助対象とした「特別枠」を新たに設け、優先的に支援します。

特別枠の類型とその内容、補助率については以下の表のとおりとなります。

特別枠類型 内容 補助率
A類型(サプライチェーンの毀損への対応) 顧客への製品供給を継続するために必要な設備投資や製品開発を行うこと(例:部品が調達困難になったため部品を内製化、出荷先の営業停止に伴って新規顧客を開拓等) 3分の2
B類型(非対面型ビジネスモデルへの転換) 非対面・遠隔でサービスを提供するビジネスモデルへ転換するための設備・システム投資を行うこと(例:自動精算機・キャッシュレス端末の導入、店舗販売からEC販売へのシフト、VR・オンラインによるサービス提供等) 4分の3
C類型(テレワーク環境の整備) 従業員がテレワークを実践できるような環境を整備すること(例:WEB会議システム等を含むシンクライアントシステムの導入等) 4分の3

事業再開枠概要

業種別のガイドラインに基づいた感染拡大予防の取組を行う場合は、定額補助・上限50万円を別枠(事業再開枠)で上乗せします。

このページに関するお問合せ先
東北経済産業局 地域経済部 産業技術課
電話:022-221-4897(直通)
FAX:022-265-2349
ページのトップへ戻る