文字の大きさ

トップページ > 製品安全(電気用品安全法等) > リコール情報を見逃さずに事故を防ぐ;身の回りの製品がリコール製品か確認しましょう

リコール情報を見逃さずに事故を防ぐ;身の回りの製品がリコール製品か確認しましょう

東北経済産業局

NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)東北支所は、このたび、「リコール情報を見逃さずに事故を防ぐ;身の回りの製品がリコール製品か確認しましょう」として、リコール実施後に発生した製品重大事故に係る情報を以下のとおり公表しましたので、お知らせいたします。

(概要)事故の発生状況

東北地方6県(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)で2007年度から2018年度の12年間にNITE(ナイト)に通知された重大製品事故のうち、リコール実施後に発生し、かつ事故の原因が製品起因である事故が79件ありました。
被害の状況は、重傷2人、軽傷1人、拡大被害36件、製品破損40件です。

詳細は、以下を御覧ください。

 

なお、全国の動向については、以下のNITEのホームページを御覧ください。

このページに関するお問合せ先
東北経済産業局 産業部 製品安全室
電話:022-221-4918(直通)
FAX:022-224-1466
ページのトップへ戻る