文字の大きさ

トップページ > エネルギー政策・電源地域振興 > 「カーボンニュートラル2daysセミナー;地域の中小企業は脱炭素にどう対応していくか?」の収録動画と資料を掲載します

「カーボンニュートラル2daysセミナー;地域の中小企業は脱炭素にどう対応していくか?」の収録動画と資料を掲載します

東北経済産業局
最終更新

東北経済産業局では、カーボンニュートラル実現に向けた取組に関して幅広く情報提供するため、地域新電力や地域の中小企業を対象として、専門家からの講演や具体的な取組事例を御紹介する「カーボンニュートラル2daysセミナー;地域の中小企業は脱炭素にどう対応していくか?」を開催しました。

開催趣旨

政府は2050年までのカーボンニュートラルを宣言し、地球温暖化対策への対応が一層求められており、地域においても脱炭素を宣言する自治体が増えてきています。

このような中、地域新電力(注)は、地域社会における脱炭素化やエネルギーとの共生、さらに経済循環の中核的な役割が期待される一方、昨今の電力市場高騰など新たなリスクに直面しており、これまでの事業形態からの変革の検討も迫られています。

また、地域の中小企業も、サプライチェーン全体での脱炭素化や取引先との関係で脱炭素に向けた対応が求められる動きなども出てきています。

今後、地域の中小企業が脱炭素にどのように対応していくか、専門家からの講演に加えて、具体的な取組事例(再生可能エネルギーの活用や省エネなど)を御紹介し、皆様の御参考としていただきたく、標記オンラインセミナーを開催しました。

開催日時

1日目

2022年2月15日(火曜日)
13時30分~16時30分

2日目

2022年2月16日(水曜日)
13時30分~16時30分

開催方法

オンライン開催(Cisco Webexを予定) 

対象者

1日目 2月15日(火曜日)

主に地方自治体や地域新電力向けですが、その他の方も是非御参加ください。

2日目 2月16日(水曜日)

地域の中小企業向けですが、その他の方も是非御参加ください。

プログラム

1日目 2月15日(火曜日)

第1部 地域新電力の新たなエネルギー事業の可能性

脱炭素と地域活性化のサポートに期待;大きく変わる地域新電力の役割
42分32秒(MP4形式:300MB)
地域新電力の現状・課題、そして「価値」の出し方;74自治体新電力調査を踏まえて
36分04秒(MP4形式:267MB)

第2部 電力市場リスクを自治体はどう考えるか

かづのパワーの復活に向けて
58分36秒(MP4形式:456MB)

第1部および第2部の質疑応答

18分11秒(MP4形式:136MB)

第3部 情報提供、支援施策(補助制度等)の御案内

12分23秒(MP4形式:157MB)

2日目 2月16日(水曜日)

第1部 脱炭素の潮流に中小企業はどう対応していくべきか?

45分23秒(MP4形式:344MB)

第2部 企業の脱炭素事例の御紹介

地域経済循環型のPPA「LEDs」の取組
21分58秒(MP4形式:161MB)
企業理念を通して、脱炭素社会へアプローチ
29分21秒(MP4形式:181MB)
脱炭素への取組
22分07秒(MP4形式:167MB)
省エネの取組
23分10秒(MP4形式:218MB)

第3部 情報提供、支援施策(補助制度等)の御案内

08分51秒(MP4形式:91MB)
21分27秒(MP4形式:260MB)

定員

各回:200名

参加費

無料

詳細・参加申込(開催終了)

詳細及び参加申込方法については、以下のチラシを御覧ください。 

このページに関するお問合せ先
東北経済産業局 資源エネルギー環境部 資源エネルギー環境課
電話:022-221-4927(直通)
FAX:022-213-0757
ページのトップへ戻る