文字の大きさ

トップページ > 東北経済産業局 組織紹介  > 組織理念

組織理念

東北地域は、全国に先駆けて進む人口減少や少子高齢化、東日本大震災からの復興など多くの課題に向かい合っています。このような中で、私たち東北経済産業局は、経済産業省のブロック機関として、東北地域の持続可能な経済社会の実現を目指した取組を進めています。
こうした取組を推進するにあたり、「共感」「協奏」「変革」を組織理念として掲げます。
東北経済産業局組織理念ロゴマーク
共感 私たち東北経済産業局は、東北各地の多様な担い手・主体の伴走者を目指します。 伴走者であるためには、相手がどのような背景を持ち、どのような理想を掲げ、その達成にどのような課題を抱えているのか、誠実に向き合い、その本質を共有することが大切です。「共感」は、地域をより深く理解するための努力であり、伴走していく上での基盤です。私たちは、この「共感」という最初のステップを大切に取り組んでいきます。
協奏 私たちは、多くのステークホルダーの皆様と意見を交わし、成果を出す組織を目指します。東北地方内外の様々な地域に対する面的な意味のみならず、様々な世代を超えても協力する必要性を強く意識しています。これからの時代は、幅広い年代の構成員それぞれが組織における経験や蓄積を活かしつつも、それにとらわれず、各世代が持つ価値観や知見を肯定し、時代に即した適応性を備えていきます。ステークホルダー皆様の多様な意見に誠実に向き合い、各々がそれに応える成果を紡ぎ、一体となり奏でる姿として、「協奏」を掲げます。
変革 私たちは、不確実性の時代においてあらゆる変化に適応し、変革や革新が生まれる地域となるよう、とどまることなく常に自身も不断の努力で個の力を磨き、組織力を高め、いつまでも「変革」し続ける組織を目指します。
ページのトップへ戻る